清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きざはし会展 津田昭子先生
津田昭子(つだ あきこ)先生(織)

1946年 京都市に生まれる
1966年 京都府立大学女子短期大学部被服科卒業
1982年 志村ふくみ氏に師事
1988年 おぐら会展に出品
1994年 日本伝統工芸近畿展に初入選
2000年 染織展個展(ギャラリーカト)
2003年 染織・陶展ふたり展(ギャラリー賛)
2005年 日本伝統工芸染織展初入選
2006年 日本伝統工芸展初入選
2007年 染織・陶展ふたり展(ぱるあーと)
      日本工芸会準会員


P1030614.jpg

「黄葉」

京都の四季折々の美しさを作品に表現される津田先生、今回はイチョウ並木の美しさを作品にされました。例えていうなら紫明通、銀閣寺、御所、嵯峨、清涼寺あたりのイチョウの風景でしょうか。

鮮やかな黄色ですが、これはカリヤスで染められました。染める回数で濃淡を付けられるそうです。
縦に入っている濃い緑はクチナシと藍から染めたもの、また薄い緑はカリヤスと藍の生葉で染められました。なんと先生は藍を自分で育てておられるようです。自分で育てた草花で糸を染められ、その糸で織りをされるので、まさに自然の恵みをそのまま作品に生かされています。だから津田先生の作品はやさしい印象がするのでしょうね。ご本人もとても穏やかな方です。

P1030345.jpg

「川辺」

桂川の南に背割堤の桜があり、それを作品にされました。近づいてみるとたくさんの色が入っています。いろいろ取材をして感じますが、織物は遠くから見ると絵画のように見えますが、よくよく近づいてみると非常にたくさんの線や色が使われておもしろいですね。それだけご苦労して織っておられるのですね。

P1030350.jpg

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。