清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きざはし会展 宮入映先生
宮入 映(みやいり えい)先生(織)

1960年 長野県坂城町に生まれる
1991年 山根正平氏に師事紬織を学ぶ
1994年 京都市で染色・織物組織を学ぶ
2004年 日本伝統工芸展初入選
2006年 日本伝統工芸近畿展初入選
2008年 日本伝統工芸染織展初入選
      日本工芸会準会員


P1030606.jpg

「月華」

この作品は第38回日本伝統工芸近畿展において松下幸之助記念賞を受賞されました。本当におめでとうございます!

紫の色は紫根(しこん)の染料で、グレーを入れて渋さの中に紫の美しさを出るようにされています。
宮入先生は組織織り(そしきおり)を得意とされていますが、それぞれ大きさの違う組織を組み込まれることによって、波打つような動きが出てきて、月光のおぼろな感じがでています。組織織りを得意とされる方は少ないようです。また組織の合間に絣を入れられています。

P1030356.jpg

生絹(すずし)ストール「茜」

今回のきざはし会展のために織っていただいたストールですが、横の糸が見えないですよね!髪の毛よりも細い糸を使われているためですが、羽衣のような透けてやわらかな雰囲気を出されています。本当に美しく透けていますね。

P1030600.jpg

無理を言って先生に羽織っていただきました。透き通る羽衣ですから、天女のようなイメージですね。

P1030596.jpg

同じく生絹(すずし)ストール「橡」(つるばみ)

「橡」(つるばみ)とはドングリの古い名前だそうです。きざはし会展に来ると金偏・糸偏・木偏の漢字に強くなりますね!
どんぐりを鉄媒染して、各グレーの濃さが違う糸をつくって、織り込むのだそうです。この前子供とドングリ拾いにいきましたが、あれからこんな美しい色がでるなんて・・・


P1030605.jpg
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。