FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



丹後ちりめん
先日知り合いの丹後ちりめんの工場にお邪魔することがありました。大きな糸車を見て下さい。人よりも大きいです!縦糸を織っているところだそうです。たくさんある工程のうちのひとつなんでしょうが、ちりめんは本当に多くの方々の手によってできあがる芸術品ですね。子供の頃親戚の家に行くとその近所から機織りの「ガッチャン、ガッチャン」という音が聞こえて来ましたが、今でもその音を聞くと子供の頃の丹後の原風景を思い起こすような郷愁を感じます。
5月22日ちりめん


5月22日ちりめん2


5月22日ちりめん3

スポンサーサイト