清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



養老で定置網漁業体験
昨日8月29日(土)は私が所属する宮津商工会議所青年部の例会で養老と言って清輝楼から車で30分程の港から出発する「定置網漁業体験」に参加してきました。体験と言っても実際に漁師さんが魚を捕る船に同乗し、お手伝いをするのです。

朝(夜中?)3時30分に宮津を出発した我々は、4時過ぎにこのような格好をしていました。長靴、エプロン、ヘルメット、手袋は全て貸してもらえます。ちなみに今回の体験費用は朝食もついて3,000円です。

P1020849.jpg

今から向かう漁場の説明があります。簡単にいうと、網が仕掛けてあるポイントが何カ所かあり、そこを回るのです。

P1020850.jpg

まだ暗い中をいざ出発!

P1020854.jpg

向こうにもう一艘見えますが、向こうの船とこちらの船の間にある網をたぐり寄せて魚を追い込むのです。

P1020855.jpg

少しずつ近づいてきました。♪網を巻き~上げ~る~♪(兄弟船)

P1020861.jpg

ぴたりと二艘が近づきました。このすき間には大量の魚が入っています。

P1020864.jpg

すごい!

P1020874.jpg

すごいでしょ!?

P1020875.jpg

漁師さんが網ですくい上げます。

P1020873.jpg

振返ると宮津の海。左手が栗田半島、中央が清輝楼のある宮津の町、右手を道沿いにくると養老になります。

P1020882.jpg

ようやく大陽が出てきました。すごいきれいです。この場面どこかで見たことあるな~と思っていたら宮津が舞台の映画「天国はまだ遠く」(主演:加藤ローサ、チュートリアル徳井)にも出てきますね。

P1020885.jpg

二ヶ所目の漁場へ到着。

P1020887.jpg

トビウオの子供が飛び込んできました。皆さんはあまりわからないかも知れないですが、トビウオは本当に波上を飛ぶんですよ!

P1020891.jpg

イカが透き通っていておいしそう!とすぐ食べる方を連想してしまいます。

P1020893.jpg

大きな網ですくい上げます。

P1020897.jpg

港に帰ってきました。今から仕分け作業です。

P1020900.jpg

細かい魚も仕分けます。

P1020902.jpg

P1020903.jpg

この後、朝食になるのですが、おいしく頂きすぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。お造りがとても新鮮でした!

是非皆さんも体験して下さい。養老漁協株式会社 0772-28-9480(宮津市大島1)
スポンサーサイト