清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



国宝 海部氏系図 公開!
今、丹後郷土資料館(清輝楼から車で15分)にて「籠神社の至宝」展を開催中です。4/21~5/31 9時~4時30分まで

なかでも是非見て頂きたいのが、国宝「海部氏系図」(5/20までは本物、~5/31は複製)、「息津鏡(おきつかがみ)」、「辺津鏡(へつかがみ)」(5/13~5/17)です。

国宝海部氏系図は端的にまとめますと、

①日本最古の系図である。

②本系図には海部(あまべ)氏(籠神社の宮司家)の始祖 彦火明命(ひこほあかりのみこと)から直系の子孫のみ記載されている。

③その本系図には「丹後国印」が押されており、この系図の正統性を丹後国庁を通じて大和朝廷が公認していたという歴史的事実。

④彦火明命(ひこほあかりのみこと)はニニギノミコトと、古事記では兄弟、日本書紀では親子とされており、天照大神→アメノオシホミミノミコト→ニニギノミコト→その三世孫が神武天皇である。つまり海部氏は天皇家と親戚となるという事実。

⑤勘注系図(本系図の解説をした系図)には様々な古代秘史が掲載されており、天孫降臨の「丹波降臨説」が明記されている。

⑥戦前までは心ない世間の圧力をおそれ、宮司家に長らく秘伝されていたものを、決意されて公開するやいなや即時に国宝に指定された。

また息津鏡(おきつかがみ)、辺津鏡(へつかがみ)については

①考古学的に地中から発掘されたものではなく、籠神社に代々伝わってきたもの。人伝えは大変珍しく貴重。

②古代鏡の権威 樋口隆康氏の鑑定では中国製で前漢時代(弥生時代中期 約2000年前)のもの。

③前述の勘注系図には「天祖(あまつみおや)のみしるしであるご神宝で、息津鏡、辺津鏡」という名前がしっかり記載されている。

④また古事記の応神天皇の段にも「息津鏡、辺津鏡」のことが記されている、大変由緒のある鏡。

このように書きだせばどんどん長くなってしまいますが、何十年に一度しか見られない大変貴重なものなので、是非ご覧下さい。

今回の特別展は籠神社 神幸2500年紀の記念事業で、5/16(土)には記念式典や浅野温子さんによる神話の語り舞台が催されます。

スポンサーサイト