清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



ようこそお帰りなさい!
月日の経つのは早いもので、清輝楼で結婚披露宴をされてから一年ほどたったご夫妻が、またいらして下さいました。仲睦まじいお二人を見ていると清輝楼裏の宮津海岸からお船で対岸の籠神社まで行かれたことがつい昨日のように感じられます。宿にとってこのようにまたお越し頂くことは無上の喜びです。2枚目の画像は結婚式の時のものを再掲させていただきました。何かの節目にはまたいらして下さいませ。

P1020326.jpg

DSCN5246-2.jpg
スポンサーサイト