清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



「丹後とり貝丼」開発!
かにシーズンが終わった途端、一気に春めいてきました。先日、雑誌「じゃらん」さんの企画で初夏~夏の宮津の名物である「丹後とり貝」を使って、じゃらんとの共同開発で「とり貝丼」がつくれないかという取材がありました。

「丹後とり貝」は日本一の大きさとおいしさと言われており、画像にもありますが、本当に大きくて肉厚、お味はジューシーです。高級食材で東京や京阪神の高級料亭で珍重されていますが、地元でも楽しめるルートを作ろうとここ何年か町おこしに一役かっています。

なかなか素晴らしい「とり貝丼」が出来ましたよ!詳しい内容はまた後日お知らせします。6月1日~食事処「せいき」で発売予定です。お楽しみに!


P1020312.jpg

P1020320.jpg
スポンサーサイト