FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



10/27~11/4「きざはし会展」柴田良三先生
柴田良三(しばた りょうぞう)先生(磁)

1952年 京都市に生まれる
1978年 京都市立芸術大学陶磁器専攻科修了
1979年 出石磁器トリエンナーレ佳作賞
1997年 京都美術工芸展優秀賞
1999年 京都工芸美術作家協会京都府知事賞
2002年 染付公募展瀬戸染付奨励賞
2005年 現代美術展‘2005’渋谷和子・柴田良三2人展(守山市民ホール)
2005年 文化庁海外研修員(アメリカミシガン大学)
2006年 オーストラリア・アーティスト・イン・レジデンス(キャンベラ)
2008年 京都工芸ビエンナーレ招待出品
      日本工芸会正会員・京都工芸美術作家協会会員


 柴田先生にお話を伺いました。「染め付けの技法は13世紀に確立されたそのままを、現代も使っている。その古来の技法でいかに現代的に表現するかが自分の使命です。」とお話いただきました。

 作品「波うつ器」(2枚目の写真)は大変形に特徴があって目を見張ります。どのようにして制作されたかを伺うと、これは天井からハンモックで吊り下げてこのような形をつくりだすそうです。意外な技法にびっくりしました!現在このスタイルをなさるのは他にはないそうで大変珍しいそうです。アメリカやオーストラリアに留学されたときも、この技法をご披露されたとのこと。

 また染め付けの原料の「呉須(ごす)」や陶磁器の歴史も伺うと、どうやら「青」は世界的にみても宗教的に尊い色のようで、呉須の原産地である中国から、シルクロードを辿って西はイスタンブールを経由してヨーロッパへ、東は日本まで持ち込まれたとのことです。現在イスタンブールにあるブルーモスクの青さと柴田先生の作品の青さに共通するものを感じ、大変感銘を受けました。

P1010631.jpg

P1010635.jpg

P1010460.jpg

P1010461.jpg

P1010464.jpg

P1010465.jpg

P1010466.jpg

P1010467.jpg

P1010468.jpg

スポンサーサイト