FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



10/27~11/4「きざはし会展」佐野美幸先生
佐野美幸(さの みゆき)先生(織)

1953年 高知県に生まれる
1982年 京都インターナショナル美術専門学校卒業
      志村ふくみ氏に師事
1987年 渡仏パリ・ソルボンヌ大学留学
1988年 南仏ミラマス、パリ、ヴェルサイユにて個展
1991年 日本伝統工芸近畿展 松下幸之助記念賞
1997年 日本伝統工芸近畿展 京都府教育委員会教育長賞 
2003年 日本伝統工芸展 文部科学大臣賞   
      銀座和光にて「うすはたの会」出品
2005年 イギリスロンドンにて「うすはたの会」出品
      日本工芸会正会員

 先生と一緒に写っている作品は「白露」というタイトル。秋、ちょうど今頃の10月頃をイメージしてつくられました。平織りといって日本で一番古くからある織り方で織られています。茶色の部分は「ビンロージュ」という南方の植物からとり、金茶部分は「やまもも」の木の皮からとられています。先生は特に木や皮、根からの染色がお好きとのことです。今回は特に清輝楼の風合いに合わせた色合いの作品を展示していただいています。

 作品「赤と青の岬」(3枚目の写真)は天橋立をイメージして織り上げられました。赤、緑、金茶など20色もの色で海のきらめきを表現しています。天橋立が海から遠くす~っと見えて、立ちのぼるイメージです。

 小物もイチイから染め出したガマ口やセイタカアワダチソウのネクタイなど、草木染めのバリエーションは幅広いです。

 津田昭子先生と時を同じくして佐野先生は志村ふくみ先生(つむぎの人間国宝)に師事され、その深い作品と人間性に感化されたそうです。さらに研鑽を積むべく渡仏されました。パリ時代の思い出を伺うと、緯度や空気によって色が違って見えることに驚かれたそうです。日本より緯度が高く、乾燥しているパリの方が明るく、クリアーに見えるそうです。外側から日本を見つめ直してみると、日本の技術力の高さをあらためて感じると共に、ヨーロッパのレース、タペストリー等の厚い文化に刺激されて、創作意欲を新たにされました。



P1010539.jpg

P1010412.jpg

P1010413.jpg

P1010414.jpg
スポンサーサイト