FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



10/27~11/4「きざはし会展」津田昭子先生
津田昭子(つだ あきこ)先生(織)

1946年 京都市に生まれる
1966年 京都府立大学女子短期大学部被服科卒業
1982年 志村ふくみ氏に師事
1988年 おぐら会展に出品
1994年 日本伝統工芸近畿展に初入選
2000年 染織展個展(ギャラリーカト)
2003年 染織・陶展ふたり展(ギャラリー賛)
2005年 日本伝統工芸染織展初入選
2006年 日本伝統工芸展初入選
2007年 染織・陶展ふたり展(ぱるあーと)
      日本工芸会準会員

 津田先生は京都は奥嵯峨にお住まいですので、その嵯峨野の風情を作品に表現しておられるのを印象深く感じました。毎日嵯峨周辺を散策される中で自然の移ろいや微妙な季節を感じておられ、日々の生活の中から感動したことを作品にしておられます。
 先生が創作意欲を開花させたのは、志村ふくみ先生(紬の人間国宝)との出会いが転機だったそうです。
 作品「花あかり」(2枚目の画像)は桜守 佐野籐右衛門さんのご自宅の桜を見続けて過ごしているうちに、何とかそれを表現したい、という思いが実ったものだそうです。桜の木そのものを煮詰めて、鉄媒染するとグレーに色づき、灰の上澄み液で媒染すると桜色になります。その元が同じ桜の木から出来た色を使って織り上げるので、できあがりも自然に調和しています。そのあたりが草木染めの醍醐味の一つなのだそうです。

 作品「川辺に春」(3枚目の画像)は春頃に桂川や高野川に咲いている、からし菜が昼下がりの光の下に揺れている様を表現しています。よく見ると右半分は白っぽい仕上がりに、左半分はやや濃い仕上がりになっているのが美しいですね。

 先生は穏やかな世界がお好きで、日々の感動、光や風を、線やかすりで表現されています。


P1010371.jpg

P1010416.jpg

P1010418.jpg

P1010420.jpg
スポンサーサイト