FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



10/27~11/4「きざはし会展」近藤知子先生
近藤知子(こんどう ともこ)先生(陶)

1950年 兵庫県西宮市に生まれる
1972年 甲南大学文学部卒業
1985年 滴翠美術館付属陶芸研究所専攻科修了
1987年 新匠工芸展新人賞受賞
      女流陶芸展京都府知事賞受賞
      京都工芸美術展優秀賞受賞
1990年 新匠工芸展会友賞受賞
1991年 朝日陶芸展シドニー展選抜
      新匠工芸展知事賞受賞
1992年 淡交ビエンナーレ茶道美術公募展奨励賞受賞
2007年 日本伝統工芸展入選
      新匠工芸会会員・日本工芸会準会員

 先生は昨年、清輝楼にて上原晴子先生と二人展をしていただき、今回のきざはし会展の端緒を開いていただきました。

 先生に写真に並んで写ってらっしゃる作品についてお話を伺いました。「文様を針で線彫りし、そこに白土を泥状にしたものを象嵌(ぞうがん:土や金属などをはめ込むこと)し、生地には酸化金属を各々比率を変えて調合した土を塗り込んでゆきます。泥は水分が多いので生地本体が乾燥しないように作業終了まで半生の状態で保っておかねばなりません」とのことです。
 
 先生の陶器は独特の紋様が印象的で素晴らしいですね。

P1010348.jpg

P1010448.jpg

P1010450.jpg

P1010451.jpg

P1010452.jpg

P1010453.jpg

P1010454.jpg

P1010455.jpg

P1010456.jpg

P1010457.jpg
スポンサーサイト