FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



10/27~11/4「きざはし会展」中川正洋先生
中川正洋(なかがわ まさひろ)先生(染)

1950年 兵庫県洲本市に生まれる
1972年 京都にて友禅染を始める。
      小西寿生氏に日本画師事
1983年 新人染織展にて意匠賞
1999年 日本工芸会正会員に認定される
2003年 日本伝統工芸近畿展 日本伝統工芸近畿賞
2004年 日本伝統工芸近畿展 京都府教育委員会教育長賞
2008年 京都工芸ビエンナーレ 産経新聞社賞
      日本工芸会正会員・京都工芸美術作家協会会員

中川先生は「もち糊」(餅米・ぬか・塩をまぜたものを蒸してつくった日本古来の糊)や「蒔糊」(前述のもち糊を乾燥させて砕いたもの)をつかった染めを得意とされています。
写真で並んで写ってらっしゃる右手の作品は「残照」というタイトル。琵琶湖の風景で魚をとる「えり」が湖畔に映っている情景を描いたものです。
画面上白く見えるところに先ほどのもち糊をしいて、染まらないようにするそうです。また細かい点々は先ほどの蒔糊をちりばめて描き出すそうです。

写真で並んで写ってらっしゃる左手の作品は「八瀬の葛」を描いたものです。。

先生は四条派の日本画を学ばれたそうですが、清輝楼にも多く四条派系の絵師が逗留されたので、なじみ深い作品が多くあり、いろいろとお話を伺わせていただきました。前にも書きましたが、展示会場の襖絵は四条派系の鈴木百年のものなので、今回先生とは150年の時を隔てた京絵師のコラボレーションが一つの特徴だと思われます。

P1010345.jpg

P1010422.jpg

P1010423.jpg

P1010425.jpg

P1010427.jpg

P1010428.jpg

P1010429.jpg

P1010431.jpg
スポンサーサイト