FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



10/27~11/4「きざはし会展」細見巧先生
細見 巧(ほそみ たくみ) 先生 (織)

1952年 兵庫県に生まれる
1977年 京都市立芸術大学卒業
1993年 日本工芸会正会員に認定される
1997年 日本伝統工芸染織展にて東京都教育委員会賞を受賞
1999年 日本伝統工芸染織展にて文化庁長官賞を受賞
2001年 日本伝統工芸染織展にて北國新聞社賞を受賞
      銀座和光にて「うすはたの会」展出品
2005年 イギリスロンドンにて「うすはたの会」出品
      日本工芸会正会員 京都工芸美術作家協会会員

 先生にお話を伺うと、写真で並んで写ってらっしゃる作品「早春」は綴帯で春の芽生えをイメージしたもので、制作に一ヶ月半ほどかかるそうです。何よりも御苦労されるのは実際に作品を織り始めるまでのイメージづくりだそうで、その作品のイメージをつくるために、湖畔に行ったりして思いを巡らせたりするそうです。

 「綴帯は孫の代までも」と言いますが、先生の織られる帯は代々の家宝として受け継がれていく、素晴らしいものです。

 また先生は日本画に大変造詣が深く、先生から日本画の技法の話、各流派ごとの表現の違いなど、日本文化・日本画の素晴らしさをお話し頂くのは何よりも勉強になります。

 細見先生は今年開催された第37回日本伝統工芸近畿展にて、夏帯「律動」が日本伝統工芸近畿賞(すなわちグランプリ)を受賞なさいました。おめでとうございます!



P1010346.jpg

P1010433.jpg

P1010434.jpg

P1010437.jpg

P1010438.jpg
スポンサーサイト