清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の一流雑誌Lavieに清輝楼が大きく紹介されました。
台湾の一流雑誌 [La vie]に清輝楼が紹介されました!!

日本の歴史的な旅館が9軒紹介され、そのうちの一つとして大きく取り上げられています。

旅館のみならず、私が一緒にご案内した宮津天橋立の知られざる魅力も紹介されています。

単なる旅行雑誌ではなく、趣深い日本の魅力発見となっています。

実際に私達の手元に雑誌が届く前に、台湾で発売早々から、この雑誌を見たと台湾からお客様にお越し頂いています。



20130111-1.jpg

20130111-3.jpg

20130111-5.jpg

20130111-8.jpg

20130111-9.jpg

20130111-10.jpg


20130111-11.jpg


20130111-12.jpg

20130111-13.jpg

20130111-14.jpg

20130111-15.jpg


スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。