清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/10TANTANロングライドにご参加の皆様
6月10日(日)丹後半島で開催される「TANTANロングライド」にご参加のために、6月9日(土)清輝楼にご宿泊頂く皆様へ

お問い合せが多いためポイントをまとめます。

①清輝楼から「TANTANロングライド」受付会場までは約3キロです。

②早朝のご出発は可能ですが、チェックアウト扱になりますので、お部屋にお荷物を遺さないようにお願い致します。フロントでお預かりすることは可能です。

③お車でお越しの方は、6月10日(日)大会終了後までお車をお預りできます。

④大会終了後、お風呂をご利用いただけます。お風呂のご利用時間は15時~23時、7時~10時です。

⑤清輝楼から約600メートルのところにローソンがあります。

⑥畳敷きの和風旅館ですので、お部屋に自転車の持ち込みはご遠慮いただきますが、屋根付の駐車場がありますので、そこで作業などはしていただけます。

6月の丹後半島は大変素晴らしい時期です。美しい海や山の風景の中、ロングライドをお楽しみ下さい。最近練習のためかよく、サイクリングの方をお見かけします。


スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。