清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



明治中期の吹きガラス法のガラス・ふぉと五七五
富山大学の市瀬教授にご宿泊頂きました。清輝楼には古い波うつ窓ガラスがあるのですが、それについて教授よりご指導頂きました。

吹きガラス法:①先ず人が吹いて大きな玉をつくる。
         ②それを冷たいところでころがして、平らな板ガラスにする。
         ③それをカットして窓ガラスをつくった。
      
       上記の製法では独特の気泡や波ができる。特にこの技法を島津斉彬候が創設したので、明治前期はこの技法が残っていた。

ローラー式:①大量生産を目的にローラーの間にガラスを通し平らにする方法
        ②この技法は明治後期から始まった。
        ③本当は文明開化以降、すぐにこの製法が導入されても良いところが、上記の島津斉彬候の影響で吹きガラス法が残っていた。

清輝楼に遺っているガラスは「後期 吹きガラス法、時代的には明治中期頃」によるものだと教授は指摘されます。

割れてしまい現代のものに変わっているところもありますが、よくぞ明治の製法が現在でも鑑賞できるとは素晴らしいですね。


最後に教授の読まれた歌をご紹介します。★の句は「ふぉと五七五」をつくって下さいました。

★萩分けて清輝楼を今見つけたり

221001.jpg


君待てる部屋にも射りぬ秋の月

名月やふすまの文字を読み継ぐ

凸凹(でこぼこ)の窓ガラスにも秋の月

スポンサーサイト