清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.Alan Danielson
Mr.Alan Danielson(アラン・ダニエルソン)さんは3泊していただきました。紳士的で物静かな方ですが、有名な舞踏家で、世界各地で活躍しておられ、大学でも教えておられます。今回は静岡での日本公演の後、天橋立にいらっしゃいました。

3日間おられるといろいろなお話しをしました。中でも苦慮したのが、天橋立の中に「岩見重太郎 仇討ちの場」というのがありますが、仇討ちとは何かと訪ねられ、つたない英語で説明しました(笑)

またお会いできますのを楽しみにしています!!


P1050334.jpg

アラン・ダニエルソンさんの日本公演のチラシをご紹介させていただきます。

「アランと仲間たち」のご紹介

アラン・ダニルソンさんのホームページ
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。