清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本商工会議所の情報誌に清輝楼が掲載されました!
4月になり春爛漫といった感じですが、日本商工会議所のビジネス情報誌「石垣」に清輝楼が紹介されました。
「暖簾を受け継ぐ」というコーナーに、カラーで見開き1ページに大きく紹介していただきました。
日本に数多くある企業の中から清輝楼を選んでいただき、恐縮に耐えません。ありがとうございました。

「石垣」の表紙

「石垣」の記事1

「石垣」の記事2

日本商工会議所のホームページ

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。