清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日1月24日(日)9時30分~楽食楽宴
清輝楼から歩いて5分の公設市場付近では毎月「楽食楽宴(らくしょく らくえん)」という食のイベントがあります。
1月は明日24日(日)9時30分~15時です。
元々海産物をはじめ、おいしいものがたくさんある宮津の魅力をもっと知ってほしい、ということで市民が立ち上がりました!

カニみそ汁や、つみれ汁など定番ものから、へしこチャーハンをはじめ、ちょっと変化球のものが大人気です。

P1040175.jpg

各旅館などで配布されている無料券を持参すると、このお汁が飲めます。寒い時期にはおいしいよ~、カニがはいっています。

P1030876.jpg

P1030877.jpg

宮津の魚をつかった「宮津バーガー」を大正ロマンあふれる建物で、大正ロマンの女の子が販売しています。行列ができてすぐに売り切れてしまうのでご注意を!

P1040193.jpg

シンプルだけど浜焼きがやはりおいしい!

P1040160.jpg

各ブースには市民がいろいろとおもしろいものを、出しています。ここはお茶屋さんが抹茶アイスや抹茶ラテをだしています。

P1040155.jpg

宮津商工会議所青年部が開発したヘシコチャーハン。これはよく売れてます。

P1040185.jpg

P1040163.jpg

明日1月24日は宮津で与謝蕪村のシンポジウムがあります。蕪村が当時食した?であろう時代のお弁当。

P1040169.jpg
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。