清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



かに漁解禁!京都は世界一の漁場
昨日11/10はカニ漁解禁に合わせて、京都府農林水産技術センター海洋センターの主任研究員 山淳先生のお話しがありました。先生は当地ではカニ博士で有名な篠田先生(先年御逝去)と永年カニの研究に携わってこられました。


P1030791.jpg

まさにプロジェクトXのようなお話しで、戦後、乱漁や混漁で激減してしまった、松葉かに漁をいかにして復活してこられたか、というストーリーでした。

研究者と漁業者がいかに協力してこられたかというのが印象的でしたが、中でも最後の画像にあります海洋管理協議会(MSC—Marine Stewardship Council)の認証をアジアで初めて、京都府の漁場が受けられたという話です。わかりやすく言うとISOの魚版みたいなものでしょうか。世界でもまだ数少なく、アジアでは京都府が初めてだそうです!!

今ひとつは雌かに(こっぺがに)を捕るのは日本だけだそうで、こっぺがにが大好きな私としては、国際的な認証を受けた漁場で世界で唯一こっぺがにを食べられるのは京都府だけなのだということが大変うれしかったです。

そんなこんなで京都府は世界一の漁場と言っても過言ではないですね!


P1030795.jpg

P1030793.jpg

P1030794.jpg


P1030798.jpg

P1030800.jpg
スポンサーサイト