FC2ブログ
清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



ツバメが今年もやって来ました
この画像なんだか分かりますか?ツバメの巣の中に、ひな達が待っています。今年もツバメが巣を作りました。田舎の信仰なのかツバメが来ることは良いことで、逆にいつも来ていたツバメが来なくなると、家に良くないことが起きるとおばあちゃんが言っていました。そのせいかどの家でも、決して巣をこわすことなく大切にしています。清輝楼では駐車場の天井に巣をつくりましたのでフンをよけるため、その下の車一台分は現在駐車禁止です。ツバメ様ご一行専用スペースとなりました。(笑)
5月28日つばめ

スポンサーサイト