清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKテレビで清輝楼が紹介されました!!
2012年11月13日 NHKテレビ京都放送局 「京いちにち」にて清輝楼が紹介されました。

旅館全体が美術館になっている清輝楼は「突撃!お宝発見隊」のコーナーで紹介。ご宿泊されなくても館内は見て頂けるのでお気軽にお越し下さい。

江戸時代から多くの文人達が集まった当館には、現代でも様々な文化人が集っています。その皆さんの足跡が感じられる「生きた美術館」を目指しています。

日本国内のみならずヨーロッパからのお客様も多くお越し頂き、日本文化を堪能して頂いています。

老舗なので熟年のお客様が多いと思われがちですが、実際はお若い方々が多く「日本再発見」のような感じでお気軽にお越し頂いております。どうぞ皆さんのお越しをお待ちしております。



P1070878.jpg

P1070885.jpg

P1070895.jpg

P1070898.jpg

P1070903.jpg

P1070905.jpg

P1070906.jpg

P1070907.jpg

P1070910.jpg

P1070916.jpg

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。