清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



「きざはし会展」ワークショップ大盛況!
10月26日(火)「陶芸講座」

抹茶碗、湯のみなどの磁器の素焼きに、呉須の顔料で濃淡を付けながら染め付けをします。

P1050553.jpg

簡単にそうに見えて、これがなかなか難しい!けど楽しい!

P1050554.jpg

12月頃に焼き上がります。お楽しみに!

P1050561.jpg

10月27日(水)七宝焼講座

美しい自分だけのアクセサリーを作りましょう!銅板の上に好きな模様を描き、七宝釉薬をのせて焼き、完成後は胸に付けて楽しく帰れます。

P1050568.jpg

素敵なのができました!

P1050573.jpg

10月28日(木)絵手紙講座

和紙のハガキに墨や顔彩でお好きな画題を描きます。個性的な絵手紙作りを楽しみましょう!

P1050578.jpg

画題がおいしそうです!

P1050576.jpg

子供にも丁寧に教えていただきました。

P1050584.jpg

描けるかな?

P1050587.jpg

皆さんの作品です。素敵ですね!

P1050588.jpg

10月29日(金)草木染講座

丹後産の絹のストールを染めましょう。「臭木-くさぎ」の実で美しい空色に染まります。

P1050590.jpg

この講座は毎年楽しみにしている方が多く、常連がおられます。

P1050594.jpg

空のような美しい色に仕上がりました!

P1050595.jpg

10月30日(土)絞り染講座

地元特産の丹後ちりめんの帯上げの生地に、お好きな文様を絞り染めします。今回は植物染料の茜を使い、茜色に染め上げます。

P1050598.jpg

白生地に絞りを入れていきます。ここが個性のだしどころ!
熱心な方は染めの濃淡を使い分けておられます。


P1050604.jpg

完成!フラッシュの加減がありますが、鮮やかな茜色です!

P1050609.jpg

スポンサーサイト
「きざはし会展」新聞各紙に紹介される!
「きざはし会展」が新聞各紙の紹介されました!是非お越し下さい!!

221028kyoto.jpg

京都新聞の記事の詳細


221027yomiuri.jpg

読売新聞の記事の詳細
きざはし会展 岡 弘美 先生
毎年、作家さんの紹介をさせていただいているので、今回もご紹介します。

人形を創作されている、岡弘美先生です。

岡先生は、ご自身の生きがいとして「何かモノをつくることしたい!」と七宝焼きや彫金などを経て創作人形に出会われました。創作人形の世界は火や硫酸を使わず、粘土・紙・布などやさしい女性的な素材を使うということと、自分の中にある「こうありたい」と思う世界を表現するには創作人形が最適だと思われて、この道に進まれました。


P1050565.jpg

技法的には、基本の部分では伝統的な技法を使いますが、仕上げの部分は自分流でその時、その時の表現に最適な技法を使われます。



P1050536.jpg



①の人形を例にしてみますと、これは粘土の上に紙を貼って形を作ります。その上からオガクズを糊で練ったもの(これを桐塑「とうそ」と言います)を付けて成形します。どこかのタイミングで芯の粘土は取り除きます。桐塑が乾いた後に、胡粉を塗ります。

成形ができた後、着色をしますが驚くことにこの①の人形の色は塗ったのではなく、染めた和紙をちぎって絵のように描かれているのです。その御苦労や何たることか!

特別に人形を持たせていただきましたら、重厚そうに見える人形が軽いので驚きました!重さの目安は人形と同じ大きさの桐の木一本分くらいの重さにされるのだそうです。

岡先生が人形づくりに心がけておられることは「ゆったり・ゆたかな・あたたかい・・・」という印象を表現することで、スリムすぎるのではなく、ゆったり感のある人形を作られるのです。

ご本人も創作された人形のようにあたたかい雰囲気を醸し出す作家さんです。

P1050481.jpg

P1050498.jpg

P1050500.jpg

「きざはし会展」開幕10/26(火)~10/31(日)
今年もいよいよ始まりました。清輝楼最大の展覧会「きざはし会展」!!

10月26日(火)~10月31日(日) 10時~17時です。
清輝楼3階大広間にて、入場無料ワークショップも連日開催されます。

■陶芸講座  抹茶碗、湯のみなどの磁器の素焼きに、コバルト成分を含んだ呉須の顔料で、濃淡を付けながら染め付けます。

日時  10月26日(火) 午後2:00~4:30

■七宝焼講座  美しい自分だけのアクセサリーを作りましょう。銅板の上に好きな模様を描き、七宝釉薬をのせて焼き、完成後は胸に付けて楽しく帰れます。  

日時  10月27日(水) 午後2:OO~4:30

■絵手紙講座   和紙のハガキに、墨や顔彩でお好きな画題を描いていただきます。個性的な絵手紙作りを楽しみましょう!

日時  10月28日(木) 午後2:OO~4:30

■草木染め講座   丹後産の絹のストールを染めましょう。「臭木-くさぎ」の実で美しい空色に染まります。

日時  10月29日(金)  午後2:00~4:30

■絞り染め講座   地元特産の丹後ちりめんの帯上げの生地に、お好きな文様を絞り染めします。今回は植物染料の茜を使い、茜色に染め上げます。

日時  10月30日(土)  午後1:00~4:30

いずれの講座も参加費は2,500円(材料費含む) 定員は先着10名程度です。






P1050557.jpg

P1050458.jpg

P1050475.jpg

P1050552.jpg

P1050550.jpg

日本三景キャンペーンレディ勢ぞろい
日本三景観光連絡協議会が開催され、それに伴い日本三景それぞれのキャンペーンレディが勢ぞろいされました。

写真の4名のうち、左右両端のお二人が地元の「プリンセス天橋立」です。中央右手が宮島からお越しいただいた「宮島観光親善大使」さん、中央左手が松島からお越しいただいた「松島キャンペーンレディ」さんです。

各市町から市長さんや観光協会長さんがわざわざお越しいただき、盛大に開催されました。清輝楼では古伝の画帳に日本三景各地の首長さん合作の書を頂き大変な記念になりました。

これからも日本三景盛り上げていきましょう!


P1050451.jpg