清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清輝楼が登録有形文化財になる
昨日3月19日、国の文化審議会は清輝楼の建物を「登録有形文化財」にするよう文部科学大臣に答申しました。ご先祖様がつくられたこの建物が文化財としての価値を認められ、本当にありがたいことだと感謝しています。

「小さなちいさな美術館」はさらに磨きをかけて皆様におよろこびいただけるよう精進いたします。

13代主人 徳田誠一郎



毎日新聞の記事

産経新聞の記事

朝日新聞の記事

京都新聞の記事

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。