清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



お盆も無事に済んで・・・
8/17を迎えお盆も無事に済み、お陰様で大忙しにさせていただきました。
夏には様々な行事がありましたが、昨日8月16日は日本三大燈籠流しの一つ、宮津燈籠流し花火大会が開催されました。この8月16日というのは特別な日で、例えば「昔宮津に住んでいたから、懐かしんで燈籠流しを見たい」や「宮津にご縁のあったお祖母さまが亡くなられたので、そのご供養に燈籠流しをしたい」など様々な、燈籠流しへの思いをもったお客様ばかりです。中には、来年の予約をすでになさった方もあります。清輝楼は燈籠流し花火大会の会場から一番近いので、花火を見ながらゆっくりお食事をできるお部屋もありますので、なおさらでしょう。
皆様の思いをのせた精霊船や紅白の灯籠が宮津湾にゆっくり流れていった昨日の晩でした。
スポンサーサイト
夏真っ盛り
あっという間に夏になりました!夏の宮津はイベントがもりだくさんですが、今日8月2日は「天橋立炎の架け橋」があります。約3キロの松並木に松明が灯り、幽玄な雰囲気が醸し出されます。今晩7時30分点灯です。お楽しみに!