清輝楼日記:丹後半島宮津/天橋立の文人墨客の宿
京都府北部丹後半島・宮津/天橋立の老舗旅館清輝楼主人の徒然日記。元禄年間創業の宿は「小さなちいさな美術館」として文人墨客の作品を多数展示。歴史・まち歩き情報など丹後宮津/天橋立の魅力を紹介!
プロフィール

清輝楼主人

Author:清輝楼主人



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸と染織の二人展、ワークショップ開催中!
現在、清輝楼で開催中の『近藤知子(陶芸)・上原晴子(染織)二人展』では手作り体験講座も開催しております。このワークショップは11月12日~15日まで。
染織コースは9時~12時「草木染めでつくる秋色スカーフ」
陶芸コースは13時~15時頃「秋の食卓を飾る小さな豆皿」
どちらも材料費込みで2,500円です。
それぞれ一流の作家さんにご指導頂けるということで大変人気があります。スカーフをつくられたみなさんは嬉しそうですね!!
今からでも間に合いますので℡ 0772-22-4123までお電話下さい。

DSCN5127.jpg

DSCN5128.jpg

DSCN5130.jpg

スポンサーサイト
近藤知子(陶芸)・上原晴子(染織)二人展開催中! 11月12日~16日 於:清輝楼
清輝楼では「小さなちいさな美術館」の秋の特別企画展として陶芸と染織の有名な作家さんをお招きして、「二人展」を現在開催中です。
陶芸の近藤知子先生は新匠工芸会会員・西宮芸文協会会員。日本伝統工芸展・朝日陶芸展など数々の展覧会で入選、入賞されています。
染織の上原晴子先生は京都工芸美術作家協会会員・日本工芸会正会員。日本伝統工芸展・日本伝統工芸染織展など数々の展覧会で入選、入賞されています。

宮津まちなか観光のひとつとして、盛り上げていきたいと思います。
清輝楼の大広間にお二人の作品はとても良く映えております。入場無料、是非お越し下さい!
DSCN5135.jpg

DSCN5174.jpg

DSCN5167.jpg

DSCN5146.jpg

DSCN5169.jpg

DSCN5145.jpg

DSCN5143.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。